映画「シン・ゴジラ」を観た

ごきげんよう。 シン・ゴジラ シン・ゴジラを観た。面白い。 思う所が色々とあったので、感想をまとめておきたい。 災害としての巨大生物 日本に災害として巨大生物が襲来したらどうなるのか。それをフィクションでシミュレーションした映画だ。ゴジラシリーズでは怪獣同士の対決が多いが、今回はゴジラの原点回帰のテーマともいえる。目的はゴジラをなんとかすること。シンプルで良い。 安心できる有能な内閣 現実ではとてもではないが安心できない内閣の時代もあった。具体的には民主党政権時だ。首相が「私は放射能には詳しいんだ」「腹案がある(腹案は無い)トラストミー」などと言っていたら、バッドエンドまっしぐらで途中で見ていられなくなったかもしれない。一方でシン・ゴジラの内閣は有能だ。やるべきことをやり、非常時の判断を素早く行える。役に立たない御用学者との話は即座に切り上げ、変り者でも有能な人材をかき集めることが出来る。そして連携して最善となるように行動に繋げられる。 自衛隊 登場した自衛隊員は上官も末端も例外なく有能で覚悟と使命感を持っていることを感じさせる。自衛隊の武装も現実に則っており、巨大生物に対抗するならそうするだろうと思える対応を適切に行っている。またシビリアンコントロールが徹底されている描写も素晴らしい。自衛隊の描かれ方には現実味と好感が持てる。一方で巨大生物相手に無力なのは物語としては正しいのだが、切なさを感じてしまう。 ゴジラの解析 ゴジラが無双状態で打つ手なし…

続きを読む


人気ブログランキングへ