なぜ藤井聡太はフィクションを超えたのか?

ごきげんよう。 りゅうおうのおしごと! りゅうおうのおしごと!は白鳥士郎氏の将棋を題材としているライトノベルだ。 コミック化やアニメ化もしている。 3月のライオン 3月のライオンは羽海野チカ氏の将棋を題材としている漫画だ。 アニメ化もされている。アマゾンで一話は無料で見れる。 藤井聡太を将棋アニメの主人公と比較してみた ヤバさがさらに増した…藤井聡太を将棋アニメの主人公と比較してみた 段位については、記事では六段だが、その後2018年5月18日、15歳10ヶ月に七段になっている。 “最強の棋士”との戦いについては、羽生善治竜王、佐藤天彦名人にも勝利経験ありだ。 将棋アニメの主人公を現実でやっている棋士といえるだろう。 なぜ藤井聡太はフィクションを超えたのか? なぜ藤井聡太はフィクションを超えたのか?【叡王戦24棋士 白鳥士郎 特別インタビュー vol.01】 そんな藤井聡太七段にりゅうおうのおしごと!の白鳥士郎氏が特別インタビューするという面白い記事がある。 まずはツイッターを引用しよう。 ラノベ作家が4年間苦労して出版に漕ぎ着けた「ぼくがかんがえた、さいきょうのしょうぎラノベ」の設定を事もあろうかアニメ放送のタイミングで超えてくる「藤 井 聡 太 」の四文字がパワーワードすぎてつらい#りゅうおうのおしごと— 白鳥士郎 (@nankagun) 2018年2月17日 作品への評価の移り変わりも面…

続きを読む


人気ブログランキングへ