衆院解散に先駆けて

ごきげんよう。 衆院解散方針とニュースとなっていますが、今回の選挙は重要です。経済政策も重要ですが、何より北朝鮮の脅威に対する安全保障に直結する憲法改正が争点にならざるを得ないからです。 憲法が不十分で異常な状態でずっと放置されていたことで、北朝鮮からの一方的な攻撃やテロに対抗できない状況が出来上がってしまっています。 ミサイルが落ちてきて死ぬのも、拉致されて拘束され続けるのも絶対に嫌です。そんなことは攻撃対象と名指しされ、既に拉致の被害を受けている日本の国民であれば誰であっても理解しなければならないでしょう。 本来であれば国会議員、政党が率先して安全保障について啓蒙し、議論し、万全を期すべく法整備を行うべきなのですが、この状況でも安全保障を軽視、あるいは無視する輩がいます。 「早期解散に追い込む!」意気込んでいた野党、急に及び腰 蓮舫氏「大義も争点もない」と大ブーメラン 自衛の手段は結局のところ、国も国民も守ろうとしない人物や政党を選挙で選ばないようにすることです。 よく調べて、考えてから投票することをおすすめします。

続きを読む


人気ブログランキングへ