騒音とクレームの関係から見える問題解決モデル

ごきげんよう。 近隣に学校はあるでしょうか。 無い方は実感を得られないかと思いますが、吹奏楽や応援などの音や声は意外と届きます。 高校生が日本初の「騒音問題解決モデル」を発足 住民からのクレームが激減 話し合いの場や相互理解の重要性を身近に知れる案件だと感心しました。 特に「クレームを寄せる住民は、実は少数だとわかる」というのは、様々な問題にも共通する要素で注目に値するでしょう。少数の声の大きな意見が簡単に通ってしまうことは良いことではないでしょう。 これは学校に限らない話なので、モデルケースとして騒音問題に穏当な解決例を示してもらえれば非常に有り難いです。 ・・・別路線ですが、選挙の宣伝車とかも何とかして欲しいですね。

続きを読む


人気ブログランキングへ