為替無視の暴利のRyzen Threadripper

ごきげんよう。 以前にパソコンの買い替えの話題でRyzen Threadripperを有力な候補として考えていた。 しかし2017年8月10日に発売された日本国内価格は、為替もインテルの価格帯も無視の超高価格だった。 Core Xに完全勝利!?「Ryzen Threadripper」で究極のマルチスレッド性能を堪能 この時点で売る気あるのかね、と呆れていた。 すると流石にまずいと思ったのか、2017年8月23日に価格改定が入った。 Ryzen Threadripperが突然の値下げ。1950Xは1万9000円,1920Xは1万4000円前後も安価に しかしそうすると、最初の超高価格で購入した人はどうなるのか。 発売2週間で値下がりのThreadripper。AMDが公式対応を行なう事態に そしてAMDが取った対応はこのようなものとなった。 Ryzen Threadripper“旧価格”購入者にAMDが補填を実施 クオカードで収拾を図る 正直に言うが、まだ高い。米アマゾンから購入した場合と比べてという意味でまだ高い状態なのだ。 現在の店頭価格:128,000円(税込138,240円)日本アマゾン価格:139,636円 米アマゾン価格:117,999円程度($999.99 * 108(ドル円為替) = 107,998.92円に送料と関税などが1万円程度) 最初の税込157,464円という価格は酷い暴利だったが、現在は程ほどの暴利という…

続きを読む


人気ブログランキングへ