小説「幼年期の終り」を読んだ

ごきげんよう。 小説「幼年期の終り」を読んだ。 面白い。 アーサー・C・クラークのSF作品。 単に未知との遭遇で終わらない、その先の先の先までを描ききった物語。 高度に発達した異なる異星人文明の巨大宇宙船団が地球に到来したところから始まるも、その姿を人類には見せずに国連を通じて消極的な関与に留めているようでも、国家間の軋轢の解消を始め、人類に対して大きな貢献を成し遂げていく。 その異星人、オーバーロードが何を意図してそうしているのか。何を目的に地球に来たのか。オーバーロードは補助を与えて人類の幼年期の終りを促している。それは何を意味するのか。人類は何処へ向かうのか。 非常に読み応えのあるSF作品。おすすめ。

続きを読む


人気ブログランキングへ