北朝鮮に擦り寄るメディア

ごきげんよう。 北朝鮮のミサイルが日本列島の上空を通過した際に、以下のように私見を述べた。 北朝鮮に擦り寄っている政治家や政党、またメディアが存在することも忘れてはいけない。これらを明確に不支持とすることも必要だろう。 早速擦り寄るメディアがいたので取り上げておこうと思う。 産経新聞の記事から。 「金正恩委員長の要求に応えろ」…!? 東京新聞記者が菅義偉官房長官にトンデモ質問 実際の菅義偉官房長官の会見 ミサイルを撃たれた直後に、金正恩の要求に応えろと言うのは、スパイと言われても納得するような内容だ。望月記者は6月8日の会見で23回も質問を行い「同趣旨の質問を何回もするのは控えて頂きたい」と言われた例の記者と同一人物だ。 一方で、望月記者は「安倍やめろ!!緊急市民集会」で取材のためと言いつつ、前に出て「発言」している。 東京新聞・望月記者の菅官房長官追及が投げた波紋とその背景 さらに、週刊誌『アエラ』『週刊現代』『週刊ポスト』『週刊金曜日』など多くの雑誌が望月記者にエールを送るような記事を掲載したとある。またこの記事自体は望月記者の擁護記事で月刊『創』編集長・篠田博之が書いている。北朝鮮に擦り寄っているメディアが判りやすく自白してくれているので、一読してみると良いだろう。 このような有様なので、菅義偉官房長官の会見でフリーの記者からも煽られている。 まともなメディアには是非奮闘を期待したい。

続きを読む


人気ブログランキングへ