ビックカメラのポイント窃盗という楽しみも奪う悪

ごきげんよう。 ポイントを貯めに貯めて一気に買い物をするのが好きなんていう方もいるかと思いますが、世の中には悪い奴がいるものです。 「楽天」「ビックカメラ」の他人のポイント使い商品購入 中国籍の男3人を逮捕、グループで犯行か 警視庁 ニュースを見てから自分のポイントを確認したものの、気にするほどに貯まっていなかったという悲しい現実を思い出してしまったことも、致し方ないことです。 せっかく貯めたポイントを盗むという鬼畜の所業を行う輩が実在するからには、こまめに使うほうが安全だと言わざるを得ません。貯め込む方はお気をつけて。

続きを読む

スイートポテト

ごきげんよう。 おやつに甘いものが食べたくなり、スイートポテト的なものを探しているとちょうど見つけたので買ってみました。 大抵はテカリのある芋型にゴマといったものばかりなので、ちょっと変化球的な印象でした。食べてみると蒸しパンのような食感に近く、濃厚だけどちゃんとスイートポテトな味でした。 もしゃもしゃ食べられる感じのもいいですが、たまにはスプーンでゆっくり食べるのも良いなと思いました。

続きを読む

台風

ごきげんよう。 台風が列島横断していますが、大丈夫だったでしょうか。 台風といえばコロッケということで、コロッケパンを用意していたのですが、食べるのを忘れていて通過後に食べる失態を演じてしまいました。 皆さんはコロッケを食べたでしょうか。次は通過前に食べようと思います。

続きを読む

酒は百薬の長

ごきげんよう。 酒は百薬の長と言うが、その一端が解明されたようだ。 ビール成分、肥満による認知症予防効果 キリン解明 これでビール腹になっている人に、ビールを飲む言い訳を与えてしまうことにもなるのは困りものなのだが、何事も程々がよいということなのだろう。 だから程々に酒を飲むしかないのだ。酒を飲まざるを得ないのだ。だから酒を呑もう。

続きを読む

心の癒し

ごきげんよう。 心の癒しは猫ですか。はい、猫です。癒しは必要なのだ。つまり、猫が必要なのだ。 野良猫がなついてくるとか、最高な癒しと言わざるを得ない。眺めているだけでも癒される。

続きを読む

デロンギの新しいコーヒーメーカーを購入

ごきげんよう。 愛用してきたコーヒーメーカーが壊れてしまったため、新しいコーヒーメーカーを購入しました。 デロンギ DeLonghi ICM14011J いままでのコーヒーメーカーとは違う機能が付いていました。 アロマボタンとペーパーレスフィルターだ。今までのペーパーフィルターを使っていたので、ペーパーレスフィルターは結構ビックリした。後片付けはペーパーフィルターのほうが楽だが、消耗品が不要になるのは便利だ。アロマボタンでの抽出の違いはまだよく判らなかったが、中々に美味しいコーヒーが出来た。 これから新しいコーヒーメーカーを愛用していこう。

続きを読む

寿命を迎えたコーヒーメーカー

ごきげんよう。 なにごとにも寿命というものがあります。それは生き物のみならず、製品にも当てはまります。 愛用してきたコーヒーメーカーが壊れてしまいました。 スイッチ一つの非常にシンプルな構造で使いやすくて気に入っていたのですが、そのスイッチが壊れてきて、オン状態にならなくなってきてしまいました。誤魔化しながら使ってきたものの、ついに寿命を迎えてしまいました。悲しい。 美味しいコーヒーが無いと生きていけないという自覚がある身としては、即座に新しいコーヒーメーカーを注文する事態となってしまった。 今まで使ってきたコーヒーメーカーには感謝と共にお疲れ様と言いたい。今まで美味しいコーヒーをありがとう。

続きを読む

騒音とクレームの関係から見える問題解決モデル

ごきげんよう。 近隣に学校はあるでしょうか。 無い方は実感を得られないかと思いますが、吹奏楽や応援などの音や声は意外と届きます。 高校生が日本初の「騒音問題解決モデル」を発足 住民からのクレームが激減 話し合いの場や相互理解の重要性を身近に知れる案件だと感心しました。 特に「クレームを寄せる住民は、実は少数だとわかる」というのは、様々な問題にも共通する要素で注目に値するでしょう。少数の声の大きな意見が簡単に通ってしまうことは良いことではないでしょう。 これは学校に限らない話なので、モデルケースとして騒音問題に穏当な解決例を示してもらえれば非常に有り難いです。 ・・・別路線ですが、選挙の宣伝車とかも何とかして欲しいですね。

続きを読む

書籍「カエルの楽園」を読んだ

ごきげんよう。 書籍「カエルの楽園」を読んだ。 面白い。名作。 百田尚樹作の日本の状況を寓話的にえぐる物語。 カエル達が危険な世界を旅し、遂に平和で素晴らしい楽園のように見える国にたどり着くが、そこには違和感がぬぐえない何かがあった。 残酷な現実を様々に見てきた外部からきたカエルの視点から、日本の状況をカエルの国に置き換え比喩的に表現した名作。現実と理想、政治と防衛、自虐史観と歴史事実の認識、隣国との関係、声の大きな扇動者、様々に問題が提起されている。 特に危機感を持っていない平和ボケした方や、学生は是非読んで欲しいと思う内容です。危機感を既に持っている方は、残酷な未来予想図を改めて認識する上で読んでほしいと思います。 巻末には11ページに渡って櫻井よしこ氏の解説も掲載されていり、こちらも読み応えがあります。 おすすめです。

続きを読む

新潟・米山隆一知事と石平氏のやりとり

ごきげんよう。 新潟・米山隆一知事と石平氏のやりとりをご存知だろうか。 新潟・米山隆一知事が石平氏投稿に「吐き気を催すほど醜悪」とツイート「差別発言」の批判相次ぐ 新潟県の米山知事は下記のツイートで、「醜悪」という言葉を使って私のことを批判している。彼は意図的に、人権侵害を平気で行う中国の独裁政権と、民主主義の手続きで選ばれた日本政府と混同している。この本質の差を無視して一方的に私を攻撃するとは、公人としては不見識であり、卑劣でさえある。 https://t.co/iZezpxQzI7— 石平太郎 (@liyonyon) 2017年9月9日 新潟県米山知事は下記のツイートで、「望月記者は自国政府と対峙している」と言うが、帰化人の私にとっても日本政府は自国の政府だ。しかし米山氏は望月記者に関してだけ「自国の政府」の表現を使うが、私を中国政府と結びつける。それは明らかに、帰化人を日本人と認めない排外主義的態度だ! https://t.co/iZezpxQzI7— 石平太郎 (@liyonyon) 2017年9月9日 思うところはいろいろある。先日とりあげた書籍「日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか」を読めば、石平氏が日本のことと中国のことを熟知し、その上で日本に帰化し日本人として日本を良くしたいと活動していることはよく伝わってくる。 そして結局のところ、選挙で選ばれた公人に対する評価は次の選挙で明らかになるだろう。 次の新潟知…

続きを読む


人気ブログランキングへ