小説「そして誰もいなくなった」を読んだ。

ごきげんよう。 小説「そして誰もいなくなった」を読んだ。 面白い。 アガサ・クリスティー作のミステリー・サスペンス作品。孤島に十人集めて殺人が繰り広げられるという典型的なクローズド・サークルものの傑作。ミステリー・サスペンス作品の大体はアガサ・クリスティーがやってしまったという評価もあるくらいだが、その中でも最も有名で評価されているだろう作品。 他の作品への影響も広い。作品のタイトル、孤島に閉じ込められた状況での事件というプロット、U.N.Owenという人物名など、目にする機会があるのではないだろうか。横溝正史の獄門島などが例となるだろう。 必然をもって挑むトリックやメッセージなど、仕掛けは豊富で読んでいて飽きさせない。限られた登場人物たちが次々と減っていく中で誰が犯人なのか推理するも良いし、流れのままに進むのも良い。 罪と罰というものを考えることにもなるだろう。人によって手段と目的というのは用意に入れ替わり、入れ替わったからといっても止まらないこともある。だからこそ面白い。 文句なしのおすすめ。

続きを読む


人気ブログランキングへ